競艇予想口コミで高配当をゲットする

競艇選手の面接要領

まず、部屋ノックして~番号はいりますと大きな声で言います。

椅子の横にいって面接官が座っていいと言ったら失礼といって座ります。

そして、面接会場により椅子の右側に立つか左に立つか指示あります。

また部屋の外居る方に聞こえるぐらい大きな声で面接してください。

気合、根性、何よりやる気を見せます。

面接は2部屋で各1回やって計2回します。

1部屋目終われば次へ屋に行きすぐ面接で、1部屋の面接時間5分ぐらいで、各部屋面接官4人か5人。

そして受験生は一人となり、面接内容は自己prや志望動機や履歴書の内容、訓練厳しいがついてけるかなどです。

そして余向こうから質問来なくてこちらから積極的に話していきます。

そして17時に夕食食べ自由時間とあんります。

受験生同士面接で何を質問されたかなど、ほかの支部は何院今の凝ったなど話をして、少ない支部、たくさん残る支部もあったのです。

人数へって、ふろも相手、寂しい感じありましたが、部屋に帰って、荷物まとめ明日で最後でみんないろいろ語りました。

そして22字消灯して就寝です。

また、6時起床して掃除をして身体検査あり朝食抜きです。

ボートレーサー養成からバスで病院に移動します。

ここで各種検査をして色々な検査をして、身長や体重、握力など。

そしてあとは流れに従って検査をします。

思い出深いのはお尻に指突っ込まれる検査。

前日からこれの話を受験生がしていて、驚きましたが、痔の検査ですが、うわさにによれば時ならボートレーサーになれませ。

舟に乗る姿勢が正座に近く、痔では大変らしいです。

そして、3次試験行ったときこのことだと思ってください。

後血液検査で血液採取してみんな減量と疲労で倒れてしまう方もいます。

とても驚きでしあ。

それを見て自分も倒れそうだったのです。

14時ごろ検査終わって弁当用意されて、みんなで食べて各自解散となります。

解散後、携帯使えて受験生同士連絡先交換です。

合格者は郵送で、いろいろな書類はいっていて太く不合格者は髪1枚で薄いです。

1か月ご郵送されてきて、私の封筒薄くて、開けないですぐ不合格だと知りました。

そして、試験の流れは4日目は面接で、5日目は身体検査。

そして大きなこえっで堂々面接してください。

外で待ってる受験生に聞こえるぐらいな声です。

そして発表は1か月ご郵送されて、合格者はいろいろなものが入っていて太く、不合格者なら薄いこと。

合格なら腫れて養成所入学です。